資料請求
オープンキャンパス

水戸経理専門学校

水戸経理専門学校 医療事務コース

医療秘書学科 医療事務コース【2年制】【短大併修可】【男・女】

医療事務は、受付・会計など患者対応が主な仕事のため、コミュニケーション力を必要とします。また、医療が円滑に進められるように、医療スタッフのサポートもする医療機関にかかせない職種です。

3つのポイント

個人のペースに合わせた指導

医療だけでなく歯科・調剤・介護も学べる

充実した就職支援でしっかり就職活動をサポート

カリキュラム

1年次
年間通して徹底的に医療費計算の基礎力を身に付け、後期は医療系検定試験(11月・12月)に照準を合わせます。
  • 医療事務
  • 医療関連法規
  • 医事コンピューター演習
  • 基礎医学
  • 情報処理論
  • メディカルマナー
  • Word・Excel実習
  • ビジネス実務
  • 介護学

※カリキュラムは、一部変更になる場合があります。

2年次
卒業までに多彩な検定試験に挑戦し、医療事務系のスペシャリストを目指します。6月半ばより就職活動をスタートします。
  • 医療事務
  • 医師事務演習
  • 医療関連法規
  • 調剤薬局事務
  • 電子カルテ演習
  • 臨床医学
  • 薬理学
  • 介護事務
  • 歯科事務
  • PowerPoint実習
  • 病院実習
  • 就職指導
  • メディカルマナー
 

▲学科トップへ戻る

多彩な資格取得

1年次
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医事コンピュータ技能検定試験
  • メディカルクラーク(医科)
  • ホスピタルコンシェルジュ検定試験
  • 社会人常識マナー検定
  • 介護職員初任者研修
  • 文書処理能力検定(Word・Excel)
2年次
  • ドクターズオフィスワークアシスト
  • 電子カルテ実技検定試験
  • 調剤事務管理士技能認定試験
さらに・・・
  • DPC/PDPS技能認定試験
  • 医療事務管理士技能認定試験(歯科)
  • 介護事務管理士技能認定試験

STUDENT'S VOICE

医療事務コース 2年
(岩瀬高校出身)
Q.入学のきっかけ
オープンキャンパスに参加した際に感じた雰囲気の良さと地元での就職に強いところに魅力を感じました。また、手厚い通学支援もあり、電車通学の私にとって応援学割やスクールバスがあるところも入学の決め手のひとつとなりました。
Q.水戸経理を選んでよかった!
医療事務を学ぶ中で専門用語や薬剤の名前など覚えることはたくさんありますが、クラスの友人同士で教え合いながら楽しく学習することができました。おかげで目標としていた資格試験はすべて合格でき、就職も第一希望の病院から内定をいただくことができました!先生方、友人に感謝ですね。
Q.これから医療事務を目指す方へ
入学当初は「学校で友だちはできるかな」と不安でいっぱいでしたが、今ではクラスみんな仲が良くていつも賑やか。医療事務の知識は誰もがゼロからのスタートですので安心してください。一人ひとりに寄り添ってくれる先生方がいる学校なので水戸経理をおススメしますよ♡

就職支援プログラム

水戸経理オリジナルの就職支援プログラムで不安な就職活動もしっかりサポート。
様々なイベントや面接指導を通じて、次第に就活力が身に付きます。

【個別面接指導】就職担当者によるマンツーマン指導。【メイクアップ講座】特別講師によるナチュラルメイクレッスン【就職活動用写真撮影会】プロによるヘアメイク&写真撮影【病院見学会】医療機関で最新の施設設備見学【集団面接大会】本番さながらの就職試験【マナーチェック大会】患者様対応のロールプレイング
医療秘書学科【就職内定率9年連続】100%

目指す職種の一例

  • 病院クリニック勤務
  • 調剤薬局事務
  • 医師事務作業補助者
  • 病棟クラーク
  • 歯科事務

たくさんの卒業生たちが、各地の医療機関で大活躍OGVOICE

小沢眼科内科病院勤務
(水戸第三高校出身)

Q1.入学のきっかけ
高校時代に医療業界で働きたいと思い、医療事務を目指しました。水戸経理は医療事務に関する資格だけでなく、調剤事務や歯科・介護事務などさまざまな資格が取得できるところに魅力を感じました。また、オープンキャンパスに参加した際にユーモアあふれる先生方がいらしたのも入学のきっかけでした。
Q2.水戸経理で学んだこと
学校で学んだことは今の仕事をする上で私の基礎となっています。医療事務の知識はもちろんですが、患者応対などの実践力も身につけることができました。また同じ目標を持つ友人たちと出会えたことが今となっては財産となっています。
Q3.今後の目標
医療事務は病院の受付でのやり取りや電話対応など患者さんと直に接する機会が多い仕事なので、常に笑顔を忘れないことを心掛けています。現場のスタッフの皆さんがスムーズに仕事できるよう、コミュニケーションを欠かさず、正確な仕事をしていきたいと思います。

▲学科トップへ戻る

このページのトップへ