水戸看護福祉専門学校

水戸看護福祉専門学校トピックス

平成27年度“宣誓式”が行われました【看護学科】

これから本格的にはじまる実習へ臨む決意を誓う【宣誓式】が5月28日に行われました。式場が消灯され、はじめに水戸協同病院の川又光子看護部長がナイチンゲール像に灯に点火。その後、一人ずつ手元のキャンドルに火を移して檀上へ整列、全員で「ナイチンゲール誓詞」を唱えました。

八文字和宏学校長から「第一期生の宣誓式が開催でき嬉しく思う。今日のことを忘れず、看護師を目指してほしい」との式辞がありました。その後、来賓である水戸協同病院院長の平野篤様、茨城県看護協会専務理事の山本かほる様から祝辞をいただきました。続いて、2年生の中庭つぐみさんが、「今日の宣誓式を迎え、新たに看護師になるという決意をしました。患者さまによりよい看護を行えるようクラスメイトと切磋琢磨しながら努力してまいります」とお礼の言葉を述べました。

看護学生にとっては、この“宣誓式”が実践への「スタートライン」です。
これからの実習の中でツラいこと、悲しいことで悩んだとき、保護者や来賓の方々、そして在校生などに祝福されたこの「宣誓式」のことを思い出して乗り越えてくださいネ。

当日は1年生もお手伝い

ナイチンゲール像から一人ずつ点火

ロウソクの灯が厳かな雰囲気です

壇上に整列し「宣誓の詞」を唱和

宣誓式終了後をパチリ

新聞社からの取材を受けるシーンも

宣誓式の模様は学園ブログでも紹介しています!

水戸看護福祉専門学校

このページのトップへ