資料請求
オープンキャンパス

水戸電子専門学校

情報処理、デザインの水戸電子専門学校

水戸電子専門学校 トピックス

『Web×IoT メイカーズチャレンジ 2020-21 in 茨城』で審査員特別賞を受賞!

総務省主催のWeb×IoT メイカーズチャレンジの茨城大会が去る1/30(土)、2/27(土),28(日)に複数拠点の分散開催で行われました。

Web×IoT メイカーズチャレンジとは?

IoT の世界に一歩踏み出すきっかけとして学生や若手エンジニアを対象に、
「ハンズオン(体験学習)形式の講習会」と「ハッカソン※」への参加体験を通して IoT システム開発を実践的に学ぶ、スキルアップのためのイベントです。

今回茨城大会で本校情報システム学科の学生2名と教員のチーム『電子のタマゴ』を結成。
残念ながら時間内に完成までいかなかったものの、審査員の方からはぜひ実装していただきたいとの意見が強く、審査員特別賞となりました。

それでは一言です!

エンベデッド技術とネットワーク技術を組み合わせた製品を検討し、「オフィス内を巡回する移動型自販機」を製作することになりました。難しい技術が多く、恥ずかしながら期日までに完成させることができませんでした。しかし、電波強度による位置情報の測定やデータベースの実装技術を学ぶことができ、良い経験を積むことができました。
 今回の経験を活かして、社会に貢献できる人材となれるよう努力を続けていきたいと思います。

本校では、資格取得はもちろん、こういった技術を習得する姿勢も大事にしています。

IT業界の入り口に立っているあなた。迷っているあなた。まだ、間に合います。
ぜひ、オープンキャンパスへ参加してみてください。

●参考サイト

公式サイト
https://webiotmakers.github.io/

総務省
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/e-komfo/2019/0913re.html

※ハッカソン(hackathon)
広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語。
もとはプログラマやデザイナーから成る複数の参加チームが、マラソンのように、数時間から数日間の与えられた時間を徹してプログラミングに没頭し、アイデアや成果を競い合う開発イベントのこと。

水戸電子専門学校

このページのトップへ