水戸電子専門学校

水戸電子専門学校 トピックス

【続報!】現役「SE」から学ぶ!(2017年度職業実践専門課程カリキュラム)

情報処理学科・情報システム学科では、今年度も11月から3回、ITエンジニアとして現役で活躍している方を迎えて講義が行われました。

今回は第2回および第3回目をご紹介いたします。

前回は、本校の卒業生でありまた、プログラマとして活躍している方をお迎えして講義をしていただきました。それに続いて、去年の12月6日、今年の2月7日に講義が行われました。プログラマから始まりシステムエンジニア、マネージャとITエンジニアのロードマップに沿った内容で展開しています。

昨年12月6日に行われた第2回目。


「システムエンジニア」として現役で活躍している方を迎えての講義。

《講義内容》
・担当システム紹介
・SEの業務紹介とまとめ

でした。

担当している難しいシステムの内容を学生にも分かりやすく学生目線で話してくださり大変勉強になりました。

最後には学生に向けて
「SEは苦労も多いが達成感も大きい!」
そして
「成長に必要なことは、興味をもって行動してみること。
技術に、他人に、自分に、興味を持ってください」
と学生たちにエールを頂きました。

学生にはこの言葉を大切にして、色々なことに興味を持って自分を成長させてほしいと思います。

今年2月7日に行われた第3回目。
今年度最後の講義内容です。

第3回目はプログラマの先に目指すもの。
システムエンジニアの方にお越しいただきました。

《講義内容》
・PMとは
・管理職とは
・PMと管理職の違い
・在学中に身に付けてほしいこと

プログラマやシステムエンジニアをまとめ、期限を決めて、製品(システム)を作るために様々な事を管理する「プロジェクトマネージャ」の話や、学生には更になじみのない「管理職とは」のお話しを丁寧に説明して頂きました。

また講義後半では、企業として学生に何を求めているかなど、就職活動が始まるこの時期に本当に貴重なお話しを伺いました。

学校生活の中でも充分身につけられることで、ITエンジニアに必要とされる基礎技術力・表現力・コミュニケーション力・自己管理力・ポジティブ思考・自発的な姿勢など、自ら意識して物事に臨んでいってほしいと思います。

《謝辞》

今年度もお忙しい中「株式会社東日本技術研究所」様には、貴重なお話をして頂きありがとうございました。現役エンジニアの方々にして頂いた貴重なお話しは、将来学生たちにとって役に立つことでしょう。
来年度も、引き続き講義を実施していきたいと思いますので宜しくお願い致します。

このページのトップへ