水戸自動車大学校

メカニック候補生女子対談

各ディーラーでは、「女性」や「子ども」向けの店舗づくりが進められており、女性ならではの目線で対応できるメカニックが求められています。水戸自動車大学校でも、女子目果肉が毎年育っています♫

【鎌田】椎名さんは、なぜ整備士を目指そうと思ったの?

【椎名】小さい頃からクルマが好きだったからです。

【鎌田】高校時代、整備士になりたいと思っている女の子はまわりにいた?

【椎名】私、ひとりでしたね(笑)入学する前は「男の子のなかで本当にやっていけるのか?」正直不安でいっぱいでした。でも今は、諦めないで本当に良かったと思います。

【椎名】先輩に聞きたいんですけど、実習でツライと思ったことはありますか?

【鎌田】力のいる作業は少し苦労しますね。

【椎名】ですよね〜。私、手が小さいので片手で持てなかったり、重くて大変なときがあるんです。でも、手が小さい分、せまくて男性だと手が入らないとこでも手が届くのでラッキーと思っちゃいます。

【鎌田】あ〜それ、あるある。

【椎名】先輩は、就職は決まったんですか?

【鎌田】「日産プリンス茨城」様から内定いただきました♥

【椎名】うぁ〜、おめでとうございま〜す!!

【鎌田】椎名さんも来年の今頃には決まってるよ〜!!希望はあるの?

【椎名】私もディーラーを希望しています。

【鎌田】今、多くのディーラーさんは女性整備士を積極的に採用してくれると思いますよ。

【椎名】そうなんですか?

【鎌田】店舗では女性でも入りやすくカフェスタイルにしたり、キッズコーナーを設けたりしているでしょ。

【椎名】たしかに、CMでも女性を意識したものが多いです。

【鎌田】そうだね、女性のお客様が入店された場合、整備士が女性ならもっと安心してもらえるんじゃないかな。これから就職活動頑張ってね!

【椎名】はい、これから“内定”をいただけるよう頑張ります。

【鎌田】いよいよ国家試験が近づいてきたね。

【椎名】そうなんです、ちょうど今、国家試験対策の授業を受けているところです。

【鎌田】対策の授業は大変でしょ。

【椎名】先生方の指導も鬼気迫るものがありますが、私たちを“合格させたい”という気持ちがすごく伝わってきます。それに応えられるよう、頑張ります。

【鎌田】うちの先生に任しておけば大丈夫だよ。

【椎名】整備士を目指すのは男女関係なく大変なことですが、「クルマが好きだ」ということや「もっとクルマを知りたい」という気持ちがあれば女性だって整備士を目指すことができると思います。加えて「男の子には負けない」という気持ちを私は持っています(笑)。

【鎌田】うん、それイイね。「男の子には負けない!」

【鎌田・椎名】クルマ好きの女性の皆さん、一緒に整備士を目指してみませんか?

OGからのメッセージ

女性ならではの対応で「差」をつける!

女性整備士の需要が年々増加しています。最近では、女性でも入りやすいお店づくりを行っている店舗を多く見かけるようになりました。お客様への「気配り」や「細やかな作業」が得意と言うのも、積極的に企業が女性を採用する傾向が高い理由であるとも考えられます。とは言え、まだまだ女性整備士は少数派です。これからもどんどん増えることを願っています。一緒に、自動車業界を盛り上げましょう♥

茨城トヨペット勤務
(中央高校出身)

aa

水戸自動車大学校

このページのトップへ